どうして風俗の体験入店には面接がセットでくっついているの?

体験入店にはどうしてか「面接」がセットになっています。
しかし「風俗のお店って一体どんなところなのかどうかをチェックするためなのにもかかわらず面接なんかがセットになっているの?」と思われるかも知れません。

面接はとても大切

そもそも体験入店というのは「お店に入ってみようかな」と思っている人に対して行うものです。
それゆえ面接を一緒に行っておけば「この人と一緒に働くことが出来るかな」と言うことをチェックできるのです。

でもどうして?

しかし必ずしもその人が入店してくれるわけではありませんし、なんだか時間の無駄のように思えます。
これには体験入店のあるシステムにヒントがありました。

体験入店でも報酬がもらえる

といいますのも体験入店をすると報酬がもらえるシステムになっているお店が多いです。
せっかく働いてくれたのだからとばかりに、それなりの報酬を渡してくれるのです。
普通のアルバイトをするよりかはよい報酬をもらえますね。

悪用した人

そう、手軽に報酬をもらえるからこそ女性の中にはそうした報酬目当てで風俗に入店する気などさらさら無いにもかかわらず体験入店をしてしまう人がいたのです。
悪用するなんてと思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、風俗店にとってみたら新しく入ってくれるであろう人を求めているわけです。
お金だけを巻き上げていくような人を求めているわけではないのですから、お店側もやむを得ず面接とセットにしているのです。

結果として辞退するのはかまわない

お店側は「働く気も無いのに体験入店される」ことを嫌うのであって「働けない」と思ったから辞退するというのはいっこうにかまわないのです。
面接とセットになっているからと行って体験入店をあきらめるのはもったいないですよ。

関連する記事